コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

逆コンプトン効果 inverse Compton effect

法則の辞典の解説

逆コンプトン効果【inverse Compton effect】

相対論的粒子が,長波長輻射にエネルギーの一部を与えて,短波長の輻射に変換させる現象.たとえば高速で運動している電子が光子フォトン)と衝突したときに,入射光よりも高いエネルギーの光子に変換される.ときには赤外線領域の光子がX線に変換されることもある.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ぎゃくコンプトン‐こうか〔‐カウクワ〕【逆コンプトン効果】

高エネルギーの荷電粒子による低エネルギーの電磁波の散乱。電波や赤外線が高エネルギー電子からエネルギーを受け取り、元の波長より短くなる。超新星残骸宇宙ジェットパルサー周辺におけるX線ガンマ線の発生要因の一つと考えられている。逆コンプトン散乱

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

逆コンプトン効果の関連キーワードスニヤエフゼルドビッチ効果コンプトン効果相対論的粒子γ線天文学銀河電子

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android