コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

速吸瀬戸 はやすいのせと

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

速吸瀬戸
はやすいのせと

大分県東部,佐賀関半島関崎と愛媛県佐田岬半島佐田岬との間にある海峡。別称豊予海峡。幅約 13km。瀬戸内海豊後水道を上下する潮流は激しく,海底には深さ約 300mと 400mの海食釜が形成されている。佐賀関側の潮流は激しく,瀬戸中の高島には海食崖が発達し,ウミネコの生息地として知られる。瀬戸内海国立公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔愛媛県〕速吸瀬戸(はやすいせと)


愛媛県佐田岬(さだみさき)半島と大分県佐賀関(さがのせき)半島の間の海峡。豊後(ぶんご)水道の北口をなす。豊予(ほうよ)海峡とも。幅約13kmで、中央部の水深は140m。西寄りに高(たか)島・牛(うし)島が浮かぶほか、両岸付近には岩礁が多い。北流5.9ノット、南流5ノットの強い潮流がある。付近はサバ・アジの好漁場で、大分県側の佐賀関港で水揚げされたものは「関アジ・関サバ」のブランド名がある。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

速吸瀬戸
はやすいせと

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の速吸瀬戸の言及

【豊予海峡】より

…潮流の速さから速吸門,速吸名門などの名で記紀にもみられ,とくに関崎とその地先の高島との間は流れが速く暗礁もあって難所であった。豊予海峡の呼称は1883年の水路部の海図で最初に使用されたが,現在も速吸瀬戸の別称がある。関崎には1901年灯台が建てられ,四国まで達する展望はすばらしい。…

※「速吸瀬戸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

速吸瀬戸の関連キーワード日豊海岸国定公園大分県大分市大分(市)岬アジ伊予灘地蔵崎半島豊後豊予

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android