海道(読み)かいどう(英語表記)marine road

知恵蔵の解説

海道

マリンロード」のページをご覧ください。

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

デジタル大辞泉の解説

かい‐どう〔‐ダウ〕【海道】

海上の、船が通る道。ふなじ。海路。航路。
海沿いに通じる道。海辺の道路。
特に、東海道をいう。「海道一の大親分」
主要な道路。街道。
「どうど踏んだる―も武勇の道も一筋に」〈浄・嫗山姥

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かいどう【海道】

早歌(そうが)(宴曲)の曲名。道行物の代表作。明空(みようくう)の作詞,作曲によるといわれる。1301年(正安3)以前に成立の《宴曲集》巻四に所収。譜本は東大史料編纂所,尊経閣文庫などに所蔵される。また新間進一蔵の《別紙追加曲》の巻末にも転載されている。海道上,中,下の3編から成る組曲。京から鎌倉に至る道中を描写したもので,海道上は逢坂から二村(ふたむら)山,中は参川(三河)から藤枝,下は宇津の山から鶴岡まで,全体で83の地名が歌いこまれている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かいどう【海道】

海岸に沿った主要な道。また、その道に沿った地域。
◇東海道」の略。
街道かいどう」に同じ。
海上の航路。海路かいろ。船路ふなじ。 「いまだ-万里の波に棹ささず/海道記」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の海道の言及

【街道】より

…主要幹線道路の意。海道とも書く。
[古代・中世]
 古くは地域ごとにおもに情報の伝達,兵員およびその食料の輸送,貢納物の移送といった軍事的・政治的な目的で政治権力によって形成されたとみられ,それらは律令国家の形成にともなって都城や国府を中心として統一的に体系化された。…

【浜通り】より

…福島県を地勢をもとに東から浜通り,中通り,会津地方の3地域に分けた場合の地域名の一つで,古くから関東から東北地方への通路である浜街道が通っており,その街道の通過する周辺地域としてこの名称が用いられる。浜海道,東(ひがし)海道,海道とも称した。現在,交通路としては国道6号線とJR常磐線が通じている。…

※「海道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

海道の関連情報