コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天部 てんぶ

5件 の用語解説(天部の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天部
てんぶ

仏教の尊像の4区分 (如来,菩薩,明王,天) の第4番目にあたるもので,諸天部ともいう。インド古来の神が天と訳されて仏教に取入れられ,護法神となったもの。貴顕天部と武人天部とがあり,前者は梵天王,帝釈天吉祥天弁財天,伎芸天,鬼子母神 (訶梨帝母) ,大黒天,後者は毘沙門天 (多聞天) などの四天王や仁王,韋駄天,深沙大将,八部衆,十二神将二十八部衆など多種類にわたり,形像も各尊像によって多様である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

天部【てんぶ】

天または諸天部とも。もと仏教以外の神が仏教にとり入れられて,守護神となったもの。天に住むという信仰がある。仏像の一分類。帝釈(たいしゃく)天毘沙門(びしゃもん)天四天王),十二神将金剛力士などや,吉祥天・弁財天・伎芸天など女形の天部もある。
→関連項目八部衆

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

てんぶ【天部】

仏像の分類において如来,菩薩,明王に次いで最下位に置かれる尊像の総称で,諸天部,天ともいう。これらはインド古代神話では天界に住む神々であり,仏教にとり入れられて護法神となった。仏教では凡夫が生死往生する迷いの世界(三界(さんがい))に28の天界を考え,天界とそこに住む神々とをいずれも〈天〉と称した。しかし二十八天すべての形像が体系的に説かれることはなく,その中のごく一部が造像されるだけである。天部像は各像の来歴の古さを示して個々の形像は多様であるが,密教においてもそれ以外(顕教)においても群像として造像される場合が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

てんぶ【天部】

〘仏〙 諸天の神々。四天王や天竜八部衆など仏教の守護神の総称。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の天部の言及

【仏像】より

…また,古くから仏教にとり入れられたインドの神々など仏法を守護する異教の神々を天と総称し,梵天,帝釈(たいしやく)天,吉祥(きつしよう)天,弁才天,竜王,夜叉,訶梨帝母(かりていも)(鬼子母(きしも)神),摩利支(まりし)天,大黒天,聖天など,また四天王,八部衆,十二天などの一群の神々がある。このように仏教尊像を日本では仏(如来),菩薩,明王(みようおう)(忿怒),天部と分類し,さらに星宿,鬼神の類,神仏習合による垂迹(すいじやく)神,羅漢や高僧をも加える。
【起源】
 仏像は仏教徒の礼拝対象であるから,仏教の歴史の最初から仏像があったと考えられがちであり,〈釈迦在世中にウダヤナUdayana(優塡(うでん))王が栴檀で造ったのが最初の仏像である〉と記す仏典もある。…

※「天部」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

天部の関連情報