逢坂剛(読み)オウサカゴウ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

逢坂剛 おうさか-ごう

1943- 昭和後期-平成時代の小説家。
昭和18年11月1日生まれ。中一弥の次男。博報堂につとめながら現代のスペインを舞台にした作品をかき,「カディスの赤い星」で昭和62年直木賞,日本推理作家協会賞,日本冒険小説協会大賞。平成9年から執筆に専念。「さまよえる脳髄」などの精神分析をテーマにしたサスペンスもある。25年日本ミステリー文学大賞。27年「平蔵狩り」で吉川英治文学賞。東京都出身。中央大卒。本名は中浩正。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

逢坂剛の関連情報