コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

連生保険 れんせいほけん joint life insurance

3件 の用語解説(連生保険の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

連生保険
れんせいほけん
joint life insurance

連生生命保険とも呼ばれている。生命保険の一種で,2人以上の少人数を同一の保険契約の対象とし,そのうちの1人が死亡した場合に他の者が保険金受取人になり,保険金の給付を受けることができる保険。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

保険基礎用語集の解説

連生保険

親子とか家族のように、2人以上の被保険者の生死を関連させて、ある一定の条件を満たすときに、保険金が支払われる生命保険を指します。例えば、こども保険はこどもを被保険者とし、その扶養者を契約者として契約する保険であるが、その仕組みはこどもを被保険者とする生存保険と扶養者を被保険者とする定期保険を組合わせた連生保険の一種です。

出典|みんなの生命保険アドバイザー
(C) Power Planning Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

れんせいほけん【連生保険】

二人以上の被保険者の生死に関して一定の条件を定め、その条件が実現した場合に保険金や給付金が支払われる生命保険。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

連生保険の関連キーワード健康保険組合単生保険任意継続被保険者身元信用保険第一号被保険者第三号被保険者第二号被保険者記名被保険者連生年金連生死亡保険

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone