コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

子供保険 こどもほけん juvenile insurance; child's insurance

3件 の用語解説(子供保険の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

子供保険
こどもほけん
juvenile insurance; child's insurance

子供の生死を対象にし,換言すれば子供を被保険者にして,その扶養者である父,母または他の親族が保険料を負担して保険契約者になる生命保険の総称。通常は子供が成長した場合の入学,就職,結婚といった特定目的のための資金入手にそなえる保険。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こども‐ほけん【子供保険】

子供が成人するまでに必要な資金を受け取れるようにした保険。進学期の学資金の積み立てに重点を置くものや、保護者死亡後の養育資金を保障するもの、子供の医療費を保障するものなど、さまざまな商品がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

子供保険
こどもほけん

子供を被保険者とする生命保険の総称。保険の種類としては生存、死亡、生死混合の各種が考えられるが、生存保険の場合が多い。日本で提供されている子供保険は、子供の生存保険と契約者(父、母その他の親族)の定期保険組み合わせた保険が大部分となっており、通常、子供の教育資金、結婚資金、独立資金などの積立てを目的としている。給付は、子供が保険期間満了の日まで生存したときに保険金を支払い、途中死亡した場合には、死亡給付金として既払い保険料を契約者に払い戻す。また契約者が死亡した際には、保険料の払込みが免除され、さらに満期まで毎年養育資金が給付される。そして満期になると保険金が支払われる。なお最近は、被保険者である子供の進学時に入学祝いとして保険金を分割払いしたり、入院や身体障害が起こった際に見舞金を出したりするなど、総合保険の形のものが広く売りに出されている。[金子卓治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

子供保険の関連キーワード換言子供扱い子供衆子供騙し生死を離る童顔言ってみれば子供顔子供好きシューマン:子供の情景/piano solo

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone