コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

死亡保険(読み)しぼうほけん(英語表記)insurance payable at death

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

死亡保険
しぼうほけん
insurance payable at death

生命保険の保険事故を基準にした分類で,生存保険に対応するもの。被保険者の死亡を事由として一定の保険金遺族または特定の関係者 (保険金受取人) に給付される。つまり被保険者の死亡によって生じる経済的な打撃からその遺族などを保護し,これらに経済的保障を提供する保険で,保障の期間すなわち保険期間を限定した定期保険と,保険期間を限定しないで生涯にわたっての保障を行う終身保険がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

死亡保険【しぼうほけん】

被保険者の死亡を事由として保険金を支払う生命保険。したがって満期まで生存したときは保険金は支払われない。この場合保険期間が一定のものを定期保険,保険期間が終身のものを終身保険という。日本では終身保険のみで販売されることは少なく,生存保険と組み合わせた養老保険が広く行われている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の死亡保険の言及

【終身保険】より

…生命保険において被保険者の死亡を保険事故とするものを死亡保険というが,死亡保険は,保険期間を基準として,定期保険term insuranceと終身保険に分類される。保険期間を一定の期間に定める定期保険(保険期間中に被保険者が死亡したときにかぎり保険金が支払われる)に対し,被保険者の死亡時までを保険期間とし,一生涯の保障を目的としたのが終身保険である。…

【生命保険】より


【種類】
 生命保険は〈人の生死〉を中心とするのであるから,次の三つが基本種類になる。(1)被保険者が亡くなった場合にだけ保険金が支払われる〈死亡保険〉,(2)被保険者が一定期間経過したあとで生存している場合だけ保険金が支払われる〈生存保険〉,(3)この両者の組合せで,一定期間内に亡くなっても,あるいはその一定期間満了時に生存していても保険金が支払われる〈生死混合保険〉。 死亡保険には,保障期間が1年とか5年とかの一定期間に限定されている〈定期保険〉と,保障期間が特定されておらず,保険に加入後被保険者の生存中ずっと保障が続き,被保険者がいつ亡くなっても保険金が支払われる〈終身保険〉がある。…

※「死亡保険」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

死亡保険の関連情報