コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生存保険 せいぞんほけんpure endowment insurance

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

生存保険
せいぞんほけん
pure endowment insurance

生命保険の一形態で,死亡保険に対応するもの。被保険者が一定期間または一定年齢まで生存していることを条件に保険金が給付される保険。純粋の生存保険では途中死亡の場合に保険金給付は一切なされないが,純粋の生存保険として扱われることはきわめてまれで,死亡保険と組合わされることが多い。したがってこの保険は貯蓄的要素が強く,教育,結婚,事業資金の準備などを目的として利用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

せいぞん‐ほけん【生存保険】

生命保険の一。満期の時点で被保険者が生存しているときに保険金が支払われるもの。→死亡保険

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

生存保険【せいぞんほけん】

被保険者が一定期間生存していることを事由として保険金を支払う保険で,死亡保険に対する。途中死亡に対しては,既払保険料の全部または一部が支払われる。子ども保険はその一種。
→関連項目生命保険

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

保険基礎用語集の解説

生存保険

契約してから一定期間が満了するまで被保険者が生存していた場合にのみ保険金が支払われる保険を指します。つまり、被保険者が保険期間中に死亡した場合は、保険金は支払われないのが純粋な生存保険です。しかし、実際には純粋な意味での生存保険ではなく、年金保険や貯畜保険などのように保険期間中に死亡した場合には、支払った保険料相当額や解約返戻金相当額を支払い、ある程度の死亡保障を付けた商品がほとんどです。

出典 みんなの生命保険アドバイザー保険基礎用語集について 情報

大辞林 第三版の解説

せいぞんほけん【生存保険】

被保険者の一定年齢までの生存に対して保険金を支払う生命保険。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の生存保険の言及

【生命保険】より


【種類】
 生命保険は〈人の生死〉を中心とするのであるから,次の三つが基本種類になる。(1)被保険者が亡くなった場合にだけ保険金が支払われる〈死亡保険〉,(2)被保険者が一定期間経過したあとで生存している場合だけ保険金が支払われる〈生存保険〉,(3)この両者の組合せで,一定期間内に亡くなっても,あるいはその一定期間満了時に生存していても保険金が支払われる〈生死混合保険〉。 死亡保険には,保障期間が1年とか5年とかの一定期間に限定されている〈定期保険〉と,保障期間が特定されておらず,保険に加入後被保険者の生存中ずっと保障が続き,被保険者がいつ亡くなっても保険金が支払われる〈終身保険〉がある。…

※「生存保険」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

生存保険の関連キーワード保険契約者保護機構生死混合保険普通養老保険保険の窓販混合保険連生保険子供保険養老保険貯蓄保険嫁資保険癌保険

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

生存保険の関連情報