コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

連阿 れんあ

2件 の用語解説(連阿の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

連阿 れんあ

1671-1729 江戸時代中期の歌人。
寛文11年生まれ。備後(びんご)(広島県)の人。武者小路実陰(むしゃのこうじ-さねかげ)の門人。40歳ごろ出家し,時宗の一法上人について諸国をめぐる。晩年は江戸で堂上派の歌学をおしえた。享保(きょうほう)14年7月5日死去。59歳。別号に好古堂。家集に「竹葉集」,紀行に「つほのいしふみ」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

連阿

没年:享保14.7.5(1729.7.30)
生年:寛文11(1671)
江戸前・中期の歌人。備後(広島)の人。若年時の経歴未詳。40歳ごろに出家して時宗に入る。遊行49世一法上人に従って諸国を回る。この折に一法の一行と別れて盛岡から江戸へ向かうが,紀行『壺の石碑』には歌枕への強い関心がみられ,和歌に対する素養の深さをしのぶことができる。後年,江戸麻布に庵を結んで武家歌人達に堂上歌学を伝えた。武者小路実陰に師事。門人の亨弁,亨弁の指導を受けた萩原宗固へと彼の学統は伝えられ,近世中期の江戸堂上派の一流派として相応の影響力を持った。家集『竹葉集』。同書所収の紀行『ゆの山ぶみ』『木曾の山ぶみ』も豊富な内容を有する。<参考文献>松野陽一編『江戸堂上派歌人資料連阿著作集』

(久保田啓一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

連阿の関連キーワード藤波氏守貞徳備後備後砂赤井一貞有木元善佐藤就正斜与子高橋正翁花安松江子

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

連阿の関連情報