週報(読み)しゅうほう

日本大百科全書(ニッポニカ)「週報」の解説

週報
しゅうほう

官報付録として1936年(昭和11)10月14日、政府が創刊した週刊の広報誌。各省の部課名で執筆され、法令・法案、各種政策の解説、内外情勢、産業、経済、学術技芸に関する資料を掲載、上意下達を円滑にすることを目的とした。当初、編集名義人は情報委員会であったが、のちに情報局となる。45年6月27日発行の最終号(449号)には「本土新戦場の覚悟」「決戦下の乗車心得」「主要列車改正時刻表」の3本が掲載されている。

[京谷秀夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「週報」の解説

しゅう‐ほう シウ‥【週報】

〘名〙 一週間ごとに行なう報告・報知。また、毎週定期に発行する新聞・雑誌などの刊行物。
※墨汁一滴(1901)〈正岡子規〉五月一二日「週報応募の牡丹の句の残りを検す」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android