コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

逸見東洋 へんみ とうよう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

逸見東洋 へんみ-とうよう

1846-1920 明治-大正時代の工芸家。
弘化(こうか)3年10月18日生まれ。京都で刀工の技を修業し,郷里の備前岡山で作刀廃刀令を機に廃業,木彫,漆芸の技法を研究して独自の境地をひらいた。漆芸は堆朱(ついしゅ),堆黒,堆白にまでおよんだ。大正9年12月24日死去。75歳。本名は大吉。作品に「風神雷神図堆朱香盆」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

逸見東洋の関連キーワード大正時代弘化

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android