コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

逸足 イッソク

デジタル大辞泉の解説

いっ‐そく【逸足】

足の速いこと。また、そのもの。駿足(しゅんそく)。「良駿逸足
すぐれた能力をもっていること。また、その人。逸材。「高材逸足の士」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いっそく【逸足】

足が早いこと。駿足。
優れた才能。逸材。 「門下の-」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

逸足の関連キーワード卽・仄・促・側・則・即・塞・息・惻・捉・束・測・熄・足・速逸・一・佚・溢・逸門下駿足

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android