コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神仙説 しんせんせつ

百科事典マイペディアの解説

神仙説【しんせんせつ】

中国の古い神話に由来し,戦国時代に興り,秦・漢代に流行し,魏晋時代に頂点に達した神秘的思想。神仙は人間の現実的欲望の実現者であり,不老不であるとする。神仙となるために,修行や服薬の法があり,その方法をめぐって,道教と習合した。
→関連項目画像鏡画像石神獣鏡西王母仙人庭園列仙伝老荘思想

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しんせんせつ【神仙説 shén xiān shuō】

中国で生死を超脱した存在の可能性を考える思想。神仙説の萌芽は戦国時代(前3世紀)に認められる。たとえば《荘子》には風を吸い露を飲み,雲気に乗って飛竜を御する藐姑射(はこや)の山の神人や踵(きびす)をもって呼吸する真人などのイメージがえがかれ,《楚辞》には神仙との遊行がうたわれている。神仙説をとくに鼓吹したのは東方沿海地域の方士たちであって,東海中に神仙の住まう三神山が存在すると説き,三神山の信仰は秦の始皇帝や漢の武帝にもうけつがれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の神仙説の言及

【中国哲学】より

… 六朝時代はまた道教が民衆を中心として強力な宗教として成立した時期である。道教は漢代以前からあった神仙説を中核とし,これに古来の雑多な民間信仰を結合したものであり,その理想は長生不死にあった。初めは教祖に相当するものがなかったが,前漢の半ばころから老子を教祖にいただき,その教説を利用することにより,神仙説の権威向上を図った。…

※「神仙説」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

神仙説の関連キーワード道教/道教の神々本朝神仙伝五斗米道神仙思想蓬萊山崑崙山讖緯説抱朴子玄学徐福桓譚

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android