遊行寺(読み)ゆぎょうじ

デジタル大辞泉プラスの解説

遊行(ゆぎょう)寺

神奈川県藤沢市にある時宗総本山の寺、清浄光寺の通称。号は藤沢山(とうたくさん)無量光院。1325年開創と伝わる。開山は4世遊行上人の呑海(どんかい)。室町時代の禅秀の乱の戦没者供養のために建てられた、敵御方供養塔がある。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ゆぎょう‐じ ユギャウ‥【遊行寺】

神奈川県藤沢市にある時宗の総本山、清浄光寺の異称。遊行念仏の根本道場で、開祖の一遍以来歴代の宗主が諸国を遊行して念仏教化を行なったところから俗に遊行上人と呼ばれ、寺もまた遊行寺と呼ばれるようになった。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の遊行寺の言及

【清浄光寺】より

…藤沢山無量光院と号す。俗称は遊行(ゆぎよう)寺。開山は他阿弥陀仏呑海,開基はその兄の俣野五郎景平。…

【遊行上人】より

清浄光(しようじようこう)寺(遊行寺ともいう)を拠点とし,回国する時宗の指導者の称。特に時宗の開祖一遍,その弟子で時宗遊行派の祖他阿真教をさすことも多い。…

※「遊行寺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

遊行寺の関連情報