コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無量光院 むりょうこういん

大辞林 第三版の解説

むりょうこういん【無量光院】

奥州の藤原秀衡が、宇治平等院を模して平泉に建立した寺院。遺構が残る。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の無量光院の言及

【平泉文化】より

…平安時代末の12世紀,奥州藤原氏代の保護のもとに,その居館のあった平泉を中心に開花した仏教文化。平泉は,その盛時には中尊寺(ちゆうそんじ),毛越寺(もうつじ),無量光院(むりようこういん)などの大寺院が甍(いらか)を並べ,日吉,白山,祇園,王子,北野天神,金峰山,今熊野,稲荷などの諸社が計画的に配置された都市であった。 中尊寺は藤原清衡(きよひら)によって1105年(長治2)に着工され,26年(大治1)3月24日に落慶供養が行われた天台系の寺院で,このときの堂宇は,供養願文によれば三間四面の檜皮葺堂1宇,三重塔3基,二階瓦葺経蔵1宇,二階鐘楼1宇というものであったが,《吾妻鏡》の文治5年(1189)9月17日条では,寺塔60余宇,禅坊300余宇といわれている。…

【藤原秀衡】より

…しかしその1年半後,泰衡は義経を討ち,頼朝により奥州藤原氏は滅亡した。平泉に宇治平等院を模した無量光院(むりようこういん)を建立。その東門に一郭を構え,伽羅御所(きやらのごしよ)と号して常の居所としていた。…

※「無量光院」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

無量光院の関連キーワード平泉‐仏国土(浄土)を表す建築岩手県西磐井郡平泉町平泉平泉[町]柳之御所跡平泉(町)岩手(県)藤原秀衡平泉文化清浄光寺藤原泰衡三宝院中尊寺平泉町平等院金鶏山喜久宮奥州印融遺構仁寛

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android