コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金子筑水 かねこちくすい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金子筑水
かねこちくすい

[生]明治3(1870).1.10. 長野
[没]1937.6.1. 東京
哲学者,評論家。本名は馬治。東京専門学校を卒業後,1903年ドイツに留学,帰国後早稲田大学教授として哲学,美学などを担当。精神文化を重んじる文化主義者として第1期『早稲田文学』や『太陽』に,穏健中正的な立場から諸論文を発表,また西洋哲学の紹介に努めた。早稲田演劇博物館初代館長。主著は『欧州思想大観』 (1921) ,『芸術の本質』 (24) で,ほかに『近代思想の研究』『現代哲学概論』などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

金子筑水
かねこちくすい
(1870―1937)

哲学者、評論家。本名馬治(うまじ)。長野県生まれ。東京専門学校(現、早稲田(わせだ)大学)を卒業、同校講師。ドイツに留学、新カント派のW・ブントらに学び、1904年(明治37)帰国、早大で哲学、美学、心理学を担当。理想主義の観点から、自然主義の早稲田にあって自然主義の是正を試み、大正期には、真善美の創造、調和を生の最高価値とする文化主義を唱え、穏健中正の立場で、調和のとれた文化の幅広い発展を説いた。主著に『生活と文化』(1919)、『欧洲思想大観』(1920)、『芸術の本質』(1924)、『金子博士選集』上下がある。[中村 完]
『『明治文学全集50 金子筑水他集』(1974・筑摩書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

金子筑水の関連キーワード中桐 確太郎金子 馬治金子馬治社会小説

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android