コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道の者 ミチノモノ

デジタル大辞泉の解説

みち‐の‐もの【道の者】

一芸をきわめた者。その道の達人。
「―の曲舞(くせまひ)音曲などのやうにはあるまじきなり」〈能作書
室町時代以前、道中の宿駅にいた遊女。また転じて、遊女。
「―は子を産まず」〈浮・身持談義〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みちのもの【道の者】

一芸に秀でた者。道の人。 「 -参会して音曲する/申楽談儀」
宿駅の遊女。また一般に、遊女のこと。 「 -ははづかしきぞ/曽我 9

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

道の者の関連キーワード御調[町]申楽談儀身分制度道々の者職人歌合陰陽師鋳物師遊女博打曽我猿楽許る

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

道の者の関連情報