コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

能作書 のうさくしょ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

能作書
のうさくしょ

能の伝書。正式名は『三道 (さんどう) 』。応永 30 (1423) 年2月世阿弥が次男元能に与えたもの。能の作り方を述べたもので,種 (主題) ,作 (構成) ,書 (作詞) の三道から説き,老,女,軍の三体,放下 (遊芸人) ,砕動風鬼 (荒々しくない鬼) の能の作り方から,開聞,開眼 (能一番の山場) の設定,また演者に似合った能を書くべきことを述べている。次いで能作の手本としての曲名をあげ,結論として幽玄の花種本風として能を作書すべし,天下の名望を得る演者は幽玄風のみであると説く。日本最初の劇作法,戯曲論。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

のうさくしょ【能作書】

能楽書。世阿弥著。応永30年(1423)成立。種(素材)・作(構成)・書(作詞・作曲)の三道に分けて、能の作り方を詳説したもの。別名「三道(さんどう)」。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

のうさくしょ【能作書】

世阿弥元清の著作。1423年に成立。「風姿花伝」で述べたことをさらに規範化した能作に関する著作。種・作・書の能作書条々に、老・女・軍の三体作書条々の二編その他より成る。三道さんどう

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android