コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道残 どうざん

1件 の用語解説(道残の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

道残 どうざん

?-1593 戦国-織豊時代の僧。
浄土宗。武蔵(むさし)の人。下野(しもつけ)(栃木県)円通寺の良迦(りょうが),ついで越前(えちぜん)(福井県)敦賀(つるが)西福寺の亮叡(りょうえい)に師事し,同寺をつぐ。天正(てんしょう)14年京都清浄華院(しょうじょうけいん)にはいり,黒谷の金戒光明(こんかいこうみよう)寺の住持をかねた。同寺の本山からの独立をはかるが実現しなかった。文禄(ぶんろく)2年9月23日死去。法名は別に源立。通称は山荒道残。号は然蓮社良智。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

道残の関連キーワード清巌織豊時代虎角州翁寿欣寿昌清誉祖栄武田勝三藤木久志松倉重信

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

道残の関連情報