コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道証 どうしょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

道証 どうしょう

756-816 奈良-平安時代前期の僧。
天平勝宝(てんぴょうしょうほう)8年生まれ。法相(ほっそう)宗。奈良唯識倶舎(くしゃ)をまなぶ。弘仁(こうにん)の初め筑前(ちくぜん)(福岡県)観世音寺におかれた大宰府(だざいふ)講師となる。布施はすべて寺におさめ,まずしい人々の求めに応じたという。弘仁7年11月死去。61歳。阿波(あわ)(徳島県)出身。俗姓百済

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

道証

生年:生没年不詳
室町時代の臨済宗の尼。唐代の玄覚の『仏果圜悟真覚禅師心要』や同じく義玄の『臨済慧照禅師語録』を開版したと伝える。出自や経歴は不明。<参考文献>曹洞宗尼僧史編纂会編『曹洞宗尼僧史』

(牛山佳幸)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

道証の関連キーワードJPモルガン・チェース二階堂行有天平勝宝法相宗永照寺

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android