達筆(読み)たっぴつ

精選版 日本国語大辞典「達筆」の解説

たっ‐ぴつ【達筆】

〘名〙 (形動)
文字をじょうずに書くこと。の運びのすぐれていること。また、そのさま。あるいはその文字。能書。健筆。〔文明本節用集(室町中)〕
※趣味の遺伝(1906)〈夏目漱石〉一「中には白地に黒々と達筆を振ったのも見える」
② すぐれた文章を書くこと。また、その文章。健筆。
※当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉一〇「隠居元来菲才にしてデホウの達筆(タッピツ)、ヂッケンスの英才に比ぶべうもあらねど」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「達筆」の解説

たっ‐ぴつ【達筆】

[名・形動]
巧みに文字や文章を書くこと。また、書いたものや、そのさま。「達筆をふるう」「達筆な人」
勢いのある筆使い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android