コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遠心鋳造法 えんしんちゅうぞうほう centrifugal casting

2件 の用語解説(遠心鋳造法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

遠心鋳造法
えんしんちゅうぞうほう
centrifugal casting

高速で回転する鋳型に溶湯 (溶融金属) を注入し,溶湯自身の遠心力によって成形する鋳造法。断面が円形の管または環状の鋳物に適し,シリンダライナ,鋳鉄管,ベアリング,フライホイール,ドラムなどの製造に用いられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

えんしん‐ちゅうぞうほう〔ヱンシンチウザウハフ〕【遠心鋳造法】

遠心力を利用して、中子(なかご)なしに中空の鋳物を製造する方法。鋳型を高速度で回転させながら溶融金属を注入し、遠心力で鋳型に密着させる。緻密で強度の大きなものができる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

遠心鋳造法の関連キーワード鋳造鋳型にはめる遠心鋳造高速機関ダイカスト生型法湯道押湯円板粉砕機連続鋳造

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone