コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遠眼鏡 エンガンキョウ

デジタル大辞泉の解説

えんがん‐きょう〔ヱンガンキヤウ〕【遠眼鏡】

遠視用の凸レンズ眼鏡

とお‐めがね〔とほ‐〕【遠眼鏡】

望遠鏡双眼鏡の古い呼び方。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

えんがんきょう【遠眼鏡】

遠視眼用の凸レンズのめがね。

とおめがね【遠眼鏡】

遠くの物がよく見える光学器具の称。望遠鏡や双眼鏡。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の遠眼鏡の言及

【望遠鏡】より

… 日本への望遠鏡の伝来についてはいくつかの説があるが,1613年(慶長18)イギリスの使節が献上したのが最初らしい。遠眼鏡,千里鏡,星眼鏡などの名で呼ばれていたが,江戸初期には地上用のものの製作は幕府により禁止されていた。1830年代には国友藤兵衛一貫斎(1778‐1840)が反射式の優れた望遠鏡をつくっており,月の表面や太陽黒点のスケッチを残している。…

※「遠眼鏡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

遠眼鏡の関連キーワードガラス工芸俳諧師めがね遠く

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

遠眼鏡の関連情報