手頃(読み)てごろ

精選版 日本国語大辞典「手頃」の解説

て‐ごろ【手頃】

〘名〙 (形動)
① 手に持つのにちょうどよいこと。取り扱いに便利なこと。また、そのさま。
※玉塵抄(1563)一三「つねの長いほこの半分なが、短て手ごろな心か」
※滑稽本・七偏人(1857‐63)五中「何か其処へらに手頃の鉄の棒でもありさうなものだが」
② (力量才能、また経済力などが)自分にふさわしい度合。
日葡辞書(1603‐04)「Tegorona(テゴロナ) アイテ」
のいないサーカス(1968)〈井上光晴〉「子供がを拾ったりするには手頃な場所であった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「手頃」の解説

て‐ごろ【手頃】

[形動][文][ナリ]
大きさ・重さなどが、手に持つのにちょうどよいさま。取り扱いに便利なさま。「手頃な厚さの辞書
能力・経済力や望む条件などにふさわしいさま。「手頃な仕事」「手頃な値段」
[派生]てごろさ[名]
[類語](1ポケッタブルハンディーハンディータイプポケットサイズポータブル小作り小ぶり小さめちんまりこぢんまり可搬手軽小型ちびモバイルコンパクトウエアラブルプチミニミゼットハンドヘルド/(2適当適切適正適確適度至当妥当穏当相応好適適合合致即応正当順当ぴったりころ合い程合い適う適する合う沿うそぐう当てはまる当を得る

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android