(読み)テキ

デジタル大辞泉「適」の解説

てき【適】[漢字項目]

[音]テキ(漢) [訓]かなう たまたま
学習漢字]5年
ある所をめざして行く。頼って行く。「適帰適従
ぴったり当てはまる。かなう。「適応適宜適正適性適切適度適当適用快適好適最適自適清適不適
[名のり]あつ・あり・まさ・ゆき・ゆく・より
[難読]適適たまたま

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「適」の解説

てき‐・する【適】

〘自サ変〙 てき・す 〘自サ変〙
① ある対象や状況などにうまくあう。適合する。あう。
史記抄(1477)一一「は用に適するを材と云ぞ」
真空地帯(1952)〈野間宏〉三「留守部隊経理業務には全く適していたのである」
② 整う。やわらぐ。

てき‐・す【適】

[1] 〘自サ変〙 ⇒てきする(適)
[2] 〘自サ五(四)〙 =てきする(適)
神経病時代(1917)〈広津和郎〉二「さういふものがみんな自分には親しみのない、適さないもののやうに思はれて来た」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android