コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遺事 イジ

デジタル大辞泉の解説

い‐じ〔ヰ‐〕【遺事】

昔から伝えられてきた事柄。
「風俗、―、双方ともにならび存して其(その)物語の髄ともなりなば」〈逍遥小説神髄
故人のやり残した事柄。
計画・事業などで、漏れてしまった事柄

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いじ【遺事】

昔から伝わって残っている事柄。
故人のし残した事柄。
計画などでもれ残された事柄。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

遺事の関連キーワード三花嶺弥勒三尊仏林【じょ】『水滸伝』馬杉雲外朴赫居世稲葉黙斎草野石瀬三国遺事契丹国志西村捨三中村篁渓三国史記西山遺事川本 達玉置之長駕洛国記薗田一斎宮地仲枝斎藤実純宣和遺事

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android