コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

邯鄲の歩み カンタンノアユミ

デジタル大辞泉の解説

邯鄲(かんたん)の歩み

《昔、の青年が邯鄲に歩き方を習いにいったが習得できず、故国の歩き方も忘れてはって帰ったという「荘子秋水故事から》むやみに他人のまねをすれば、自分本来のものも忘れて、両方とも失うことのたとえ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かんたんのあゆみ【邯鄲の歩み】

〔燕えんの人が邯鄲の都に歩き方を習いに行ったが、会得できないうちに自分の国の歩き方をも忘れ、はって帰ったという「荘子秋水」の故事から〕
自分の本分を忘れて他人をまねるものは、両方とも失うことのたとえ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

邯鄲の歩みの関連キーワード本分

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android