コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

邵晋涵 しょうしんかんShao Jin-han

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

邵晋涵
しょうしんかん
Shao Jin-han

[生]乾隆8(1743)
[没]嘉慶1(1796)
中国,清の学者。浙江省余姚 (よよう) の人。字,二雲,与桐。号,南江。乾隆 36 (1771) 年進士に及第,同 38年『四庫全書』館の開館とともにその纂修官,次いで編修侍講に進み,主として史部書籍の選択,解題にあたった。その解題の原稿が文集に収められているが,現在の『四庫全書総目提要』と一致せず,総纂官の紀いんの筆削を示すものとされている。のち『万寿盛典』『八旗通志』など勅撰書の編集を総裁し,また『旧五代史』の復元に努めたりした。『爾雅 (じが) 正義』 (20巻) のほか,『孟子述義』『穀梁古注』『韓詩内伝考』,詩文集『南江文集』など多数の著書がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の邵晋涵の言及

【寰宇訪碑録】より

…古代から元代に至る中国全土の石刻目録で,年代順に配列し所在地を明記する。先輩の邵晋涵(しようしんかん)の原稿に自分の実地調査の成果を加えたもので,友人の邢樹が完成した。1812年(嘉慶17)に平津館叢書の一つとして刊行。…

【爾雅】より

…宋の邢(けいへい)はこれに従って《爾雅義疏》11巻を作り,今日ではそれが《十三経注疏》の中に収められ〈経〉に準ずる扱いを受けている。後代の研究としては清の邵晋涵(しようしんかん)の《爾雅正義》,郝懿行(かくいこう)の《爾雅義疏》各20巻が名高い。いずれも郭璞の注にもとづく再注釈である。…

※「邵晋涵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

邵晋涵の関連キーワード寰宇訪碑録及第嘉慶

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android