コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

筆削 ヒッサク

デジタル大辞泉の解説

ひっ‐さく【筆削】

[名](スル)文章の語句を書き加えたり削ったりすること。添削。
「わざと何等の―をも施さない事にした」〈芥川・きりしとほろ上人伝〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひっさく【筆削】

( 名 ) スル
詩歌や文章などの語句を書き足したり削ったりすること。添削。 「敢て擅ほしいままに-することをなさない/北条霞亭 鷗外

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

筆削の関連キーワードエンゼル5 プレミアムエンゼル5 ロイヤルディケイド 鉛筆削り文具良道 鉛筆削器削れる鉛筆キャップニューミニクルハイストロングシャープナーディケイドハイカールウィーンマックス『春秋』北条霞亭カラリス切出しナイフ日省録ソアー邵晋涵

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android