コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

郎世寧 ろうせいねいLang Shi-ning

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

郎世寧
ろうせいねい
Lang Shi-ning

[生]1688.7.19. ミラノ
[没]乾隆31(1766).6.10. 北京
中国,清前期のイタリア人の宮廷画家。イタリア名カスティリオーネ Giuseppe Castiglione。 1707年イエズス会に入り,当時すでに絵事にすぐれた。のち中国に渡り画家として清朝に奉仕することを決意し,ポルトガル経由で 15年7月 10日マカオ着,同年 (康煕 54) 11月2日北京に着き,康煕帝に拝謁した。以後,康煕,雍正,乾隆3朝に仕えて多くの絵画を制作したほか,乾隆 12 (1747) 年より造営された円明園の築造にもたずさわった。その絵画作品は,中国風のマティエールを用い,西洋風の陰影法と写実主義をもって描く折衷的な様式によっており,同時期の画院絵画に大きな影響を与えた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

郎世寧【ろうせいねい】

清朝に仕えたイタリアのイエズス会修道士,画家。イタリア名はカスティリオーネGiuseppe Castiglione。1715年北京に渡り,康煕・雍正・乾隆3帝の厚遇を受け,その命に従って各種の絵を制作した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

郎世寧
ろうせいねい

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の郎世寧の言及

【カスティリオーネ】より

…イタリアのイエズス会修道士で宮廷画家。中国名は郎世寧。ミラノに生まれ,1707年にイエズス会に入り,15年(康熙54),清代中国の都北京に到着。…

【清代美術】より

…すべてのモティーフは明確な輪郭をもって描き出され,あいまいな個所はまったくなく,すべて清新で知的な画面が要求された。イタリア人カスティリオーネ(中国名は郎世寧),ロシア人シクルプス(中国名は艾啓蒙(がいけいもう)。1708‐80)らは画院に奉職した西洋人で,文字どおり皇帝の手足として馬,珍禽異獣,戦争,皇帝后妃の容姿などを写して画院本来の使命を果たした。…

※「郎世寧」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

郎世寧の関連キーワードカスティリオーネ(Giuseppe Castiglione)ジッヘルバルトギメ美術館

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android