部屋子(読み)ヘヤゴ

大辞林 第三版の解説

部屋住みの人。親がかりの子。曹司ぞうし
江戸時代、大名屋敷の奥女中に仕えた召し使い。
武家屋敷の奉公人の部屋に寄食している者。居候いそうろう
江戸時代、歌舞伎で幹部俳優に預けられている身分の定まらない若い俳優。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「へやこ」とも)
① 部屋住みの人。親がかりの人。
※雑俳・川柳評万句合‐宝暦一一(1761)松二「部屋子はいへど大きな男なり」
② 江戸時代、御殿女中に召し使われた小間使の少女。部屋方。
※随筆・耳嚢(1784‐1814)六「去る大名の奥へ右の娘を部屋子に遣はし」
③ 武家屋敷の奉公人の部屋に寄食する居候(いそうろう)
※俳諧・類船集(1676)保「奉公人のやしなふ子を部屋子(ヘヤゴ)といふ歟」
④ 歌舞伎で、幹部俳優に預けられ、養成されている若い俳優や、門閥出の子役などの称。
※風俗画報‐一一六号(1896)人事門「ここに見えたるは部屋子(ヘヤコ)戯場帰へりの図にして」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

緊急事態宣言(感染症)

改正新型インフルエンザ等対策特別措置法(新型コロナウイルス特措法)に基づいて日本政府が発する布告。正式名称は「新型インフルエンザ等緊急事態宣言」。新型インフルエンザなど(新型コロナウイルスの適用対象期...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

部屋子の関連情報