コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

部屋子 ヘヤゴ

デジタル大辞泉の解説

へや‐ご【部屋子】

部屋住みの人。親がかりの人。
江戸時代、大名屋敷で御殿女中に召し使われた少女。部屋方(へやがた)。
武家屋敷の奉公人の部屋にいる食客。
若い歌舞伎役者で、親方のもとに預けられて修業中の者。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

へやご【部屋子】

部屋住みの人。親がかりの子。曹司ぞうし
江戸時代、大名屋敷の奥女中に仕えた召し使い。
武家屋敷の奉公人の部屋に寄食している者。居候いそうろう
江戸時代、歌舞伎で幹部俳優に預けられている身分の定まらない若い俳優。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

部屋子の関連キーワード嵐 芳三郎(5代目)尾上 松助(6代目)六代目 片岡愛之助お振の方(2)片岡愛之助お六の方桂川てや花柳寿輔花柳寿美部屋住みお定の方武家屋敷大名屋敷江戸時代親がかり奥女中奉公人部屋親食客曹司

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

部屋子の関連情報