コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

郷司浩平 ごうし こうへい

2件 の用語解説(郷司浩平の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

郷司浩平 ごうし-こうへい

1900-1989 昭和時代の財界人。
明治33年10月16日生まれ。アメリカ留学中に世界大恐慌にであう。帰国後「経済情報」の編集長などをつとめる。昭和21年経済同友会結成につくし事務局長。30年日本生産性本部を発足させ専務理事,47年会長。平成元年10月11日死去。88歳。大分県出身。青山学院卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

郷司浩平
ごうしこうへい
(1900―1989)

経済団体役員、財界人。大分県日出(ひじ)町に生まれる。東京遊学中、伝道師に預けられたことから牧師を志し、青山学院大学神学部卒業、さらに渡米してユニオン神学校、コロンビア大学に学ぶ。1929年(昭和4)の株式市場暴落を現地で観察し経済問題に目を開かれ、帰国後経済界に入る。中外商業新報社『中外財界』、高橋経済研究所『高橋経済日報』各主幹等を務めたほか、第二次世界大戦中は重要産業協議会調査部長・事務局長。戦後の1946年経済同友会結成を推進し常任幹事兼事務局長。生産性向上運動を提唱し1955年日本生産性本部を発足させ専務理事、1968年理事長、1972年会長、1986年名誉会長に就任した。[浅野俊光]
『中村隆英・伊藤隆・原朗編『現代史を創る人びと1』(1971・毎日新聞社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の郷司浩平の言及

【経済同友会】より

…こうした状況のなかで,1946年3月11日の日本産業協議会(日産協)準備会結成に続き,4月30日に秩父セメント社長諸井貫一をリーダーとする大企業の若手経営者を中心に同友会は組織された。初代の当番幹事は諸井のほか,日産協事務局長郷司浩平,同顧問帆足計。同友会の活動目的は,経済人としての職能的立場から日本経済の進歩と安定に寄与し,会員相互の啓発をはかることにある(定款)。…

※「郷司浩平」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

郷司浩平の関連キーワード植村甲午郎番町会諸井貫一財界人政官財天岡直嘉伊藤肇土井貞枝早川勝前田一

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone