都笹(読み)ミヤコザサ

デジタル大辞泉の解説

みやこ‐ざさ【都×笹】

イネ科の植物山地に群生し、高さ約1メートル。の節は膨らむ。葉は茎の先に数枚つき、質が薄く、冬に縁が白くなる。京都の比叡山で発見された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みやこざさ【都笹】

小形のササ。京都比叡山で発見されたのでこの名がある。高さ1メートル 内外で、枝が少ない。葉は広披針形で質薄く、下面に毛がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

KPI

KPIとはkey performance indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のことをいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android