コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

都筑馨六 つづき けいろく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

都筑馨六 つづき-けいろく

1861-1923 明治時代の官僚。
文久元年2月生まれ。外相井上馨(かおる)の秘書官をつとめ,娘婿となる。首相山県有朋の秘書官,宮内省図書頭(ずしょのかみ),外務次官などを歴任。明治32年貴族院議員。33年立憲政友会の創立に参加した。大正12年7月6日死去。63歳。上野(こうずけ)(群馬県)出身。東京大学卒。著作に「民政論」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

都筑馨六の関連キーワード2月17日安広伴一郎明治時代下岡忠治

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android