都筑馨六(読み)つづき けいろく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

都筑馨六 つづき-けいろく

1861-1923 明治時代の官僚。
文久元年2月生まれ。外相井上馨(かおる)の秘書官をつとめ,娘婿となる。首相山県有朋の秘書官,宮内省図書頭(ずしょのかみ),外務次官などを歴任。明治32年貴族院議員。33年立憲政友会の創立に参加した。大正12年7月6日死去。63歳。上野(こうずけ)(群馬県)出身。東京大学卒。著作に「民政論」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android