都維那(読み)ツイナ

大辞林 第三版の解説

ついな【都維那】

寺院内の事務をつかさどる僧職。上座・寺主とあわせて三綱さんごうという。維那。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

つ‐いな ‥ヰナ【都維那】

〘名〙 (karmadāna 羯磨陀那の意訳) 仏語。三綱(さんごう)の一つ。寺院内の諸事務をつかさどる役。維那(いな・いの)。ついの。
※法隆寺伽藍縁起并流記資財帳‐天平一九年(747)「都維那僧霊尊」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の都維那の言及

【維那】より

…中国では,僧衆を統理する意味で綱維の維と,羯磨陀那の那をとって,維那という役職を設けて僧官制に組み入れた。維那は都維那(ついな∥ついの)ともいうが,元来は都(中央)をつかさどる維那の意であったらしい。授事とも訳す。…

【三綱】より

…寺内の僧尼を統轄し,庶務を処理する僧職。上座(じようざ),寺主(じしゆ∥てらじゆ),都維那(つゆいな∥ついな)(維那)の3者で,所司ともいう。すでにインドや中国南北朝で寺院の統轄者として,上座または寺主,もしくは都維那が置かれた。…

【維那】より

…中国では,僧衆を統理する意味で綱維の維と,羯磨陀那の那をとって,維那という役職を設けて僧官制に組み入れた。維那は都維那(ついな∥ついの)ともいうが,元来は都(中央)をつかさどる維那の意であったらしい。授事とも訳す。…

【三綱】より

…寺内の僧尼を統轄し,庶務を処理する僧職。上座(じようざ),寺主(じしゆ∥てらじゆ),都維那(つゆいな∥ついな)(維那)の3者で,所司ともいう。すでにインドや中国南北朝で寺院の統轄者として,上座または寺主,もしくは都維那が置かれた。…

※「都維那」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android