コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

都藍可汗 とらんかがんTu-lan Ke-han; Tu-lan K`o-han

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

都藍可汗
とらんかがん
Tu-lan Ke-han; Tu-lan K`o-han

[生]?
[没]600
突厥カガン (在位 588~600) 。沙鉢羅可汗 (→阿史那賀魯 ) の子。名,雍虞閭。葉護可汗に代って即位して以後都藍可汗と号した。その治世中,西突厥の達頭可汗突利可汗 (→啓民可汗 ) らと戦ったが,597年葉護可汗の子染干が隋にくだるに及んで大きな痛手を受け,しばらくして起きた突厥内部の抗争中に,部下に殺された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

都藍可汗の関連キーワード低圧線全国丼サミットバナー広告朝日訴訟朝日訴訟遣隋使重複保険補色防衛計画の大綱統合国際深海掘削計画

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android