コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

啓民可汗 けいみんかがんQi-min Ke-han; Ch`i-min K`o-han

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

啓民可汗
けいみんかがん
Qi-min Ke-han; Ch`i-min K`o-han

[生]?
[没]609
突厥のカガン (在位?~609) 。初め突利可汗と称した。6世紀末に,突厥は大可汗の都藍 (とらん) のほかに,西方に達頭,北方に突利の2可汗がいて対立。はこれらを離間するため,突利に公主を降嫁し,南に移して啓民可汗の号を授け,オルドス内部に遊牧地を与えた。都藍可汗が部下に殺されると (599) ,達頭可汗は独立して北辺に侵入したが,啓民は隋軍とともにこれを攻め,その結果,達頭は吐谷渾 (とよくこん) に逃亡 (603) 。その民衆はすべて啓民に降伏し,啓民はゴビ砂漠の南方に居住し,モンゴル高原の諸族を支配した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

啓民可汗の関連キーワード隋の時代(年表)

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android