鄒容(読み)すうよう(英語表記)Zou Rong; Tsou Jung

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鄒容
すうよう
Zou Rong; Tsou Jung

[生]光緒11(1885)
[没]光緒31(1905).4.3.
中国,清末の革命家。四川省重慶の人。光緒 28 (1902) 年日本に留学,同 29年帰国。章炳麟らが上海で設立した「愛国学社」に入り,同年革命宣伝の書『革命軍』を出版。天賦人権説に基づき,清朝の異民族支配と専制政治を打倒して,中国人による共和国家建設を強く訴えた。このため清朝の忌諱に触れ,『革命軍』を『蘇報』紙上で紹介した章炳麟とともに逮捕され,禁錮2年の刑に服役中,獄死した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

すうよう【鄒容 Zōu Róng】

1885‐1905
中国近代の革命家。字は蔚丹。四川省巴県(重慶)の人。早くから日本語を学び,1902年日本に留学,03年帰国して上海の愛国学社に参加。この間,革命運動に参加,ロシアによる東北占領に抗議したが,とくに小冊子《革命軍》によって,共和革命論を鼓吹し,革命思想の普及に大きな功績をあげた。同年の蘇報事件で章炳麟(しようへいりん)とともに逮捕され,2年の懲役刑に処せられ,獄死した。【久保田 文次】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android