コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鄙廼一曲 ひなのひとふし

1件 の用語解説(鄙廼一曲の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ひなのひとふし【鄙廼一曲】

菅江真澄(すがえますみ)著の歌謡書。1809年(文化6)ころの成立。1781年(天明1)著者は生涯の旅に出,信濃,越後から奥羽を経て,蝦夷(えぞ)の松前に及ぶ各地を歩き,その見聞を記録している。この書は,それらの地域で集めた民謡の記録で,その序文に,〈今し世の賤(しず)山賤(やまがつ)の宿にて,よね(米)・粟・むき(麦)・稗(ひえ)を舂(つ)くに,ひねもす(終日),さよ(小夜)はすがらに聞なれて,つきめ(舂女)の臼唄,雲碓唄(フミウスウタ),磨臼唄(ヒキウスウタ)も,おかしき曲(ふし)をひとつふたつと聞にまかせて,書いつくればさはなり(以下略)〉とあるように,所収歌の多くは,田歌,山歌,船歌,念仏踊歌をはじめ当時の庶民に歌われた生きた民謡である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone