コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鄙廼一曲 ひなのひとふし

1件 の用語解説(鄙廼一曲の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ひなのひとふし【鄙廼一曲】

菅江真澄(すがえますみ)著の歌謡書。1809年(文化6)ころの成立。1781年(天明1)著者は生涯の旅に出,信濃,越後から奥羽を経て,蝦夷(えぞ)の松前に及ぶ各地を歩き,その見聞を記録している。この書は,それらの地域で集めた民謡の記録で,その序文に,〈今し世の賤(しず)山賤(やまがつ)の宿にて,よね(米)・粟・むき(麦)・稗(ひえ)を舂(つ)くに,ひねもす(終日),さよ(小夜)はすがらに聞なれて,つきめ(舂女)の臼唄,雲碓唄(フミウスウタ),磨臼唄(ヒキウスウタ)も,おかしき曲(ふし)をひとつふたつと聞にまかせて,書いつくればさはなり(以下略)〉とあるように,所収歌の多くは,田歌,山歌,船歌,念仏踊歌をはじめ当時の庶民に歌われた生きた民謡である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

鄙廼一曲の関連キーワード岡田真澄菅江真澄近重真澄真澄の鏡笑ます真澄み朝日真澄藤井真澄安水稔和渡辺真澄

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone