コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鄙廼一曲 ひなのひとふし

世界大百科事典 第2版の解説

ひなのひとふし【鄙廼一曲】

菅江真澄(すがえますみ)著の歌謡書。1809年(文化6)ころの成立。1781年(天明1)著者は生涯の旅に出,信濃,越後から奥羽を経て,蝦夷(えぞ)の松前に及ぶ各地を歩き,その見聞を記録している。この書は,それらの地域で集めた民謡の記録で,その序文に,〈今し世の賤(しず)山賤(やまがつ)の宿にて,よね(米)・粟・むき(麦)・稗(ひえ)を舂(つ)くに,ひねもす(終日),さよ(小夜)はすがらに聞なれて,つきめ(舂女)の臼唄,雲碓唄(フミウスウタ),磨臼唄(ヒキウスウタ)も,おかしき曲(ふし)をひとつふたつと聞にまかせて,書いつくればさはなり(以下略)〉とあるように,所収歌の多くは,田歌,山歌,船歌,念仏踊歌をはじめ当時の庶民に歌われた生きた民謡である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

鄙廼一曲の関連キーワードさんさ踊

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android