コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鄙振庵愛歌人 ひなぶりあん あかんど

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鄙振庵愛歌人 ひなぶりあん-あかんど

1752-1833 江戸時代後期の狂歌師。
宝暦2年生まれ。信濃(しなの)(長野県)別所七久里(ななくり)の湯で温泉宿をいとなむ。江戸の鹿都部真顔(しかつべの-まがお)にまなび,地方判者にえらばれる。文化2年(1805)自宅をおとずれた真顔がよんだ狂歌をきざみ,別所に碑をたてた。天保(てんぽう)4年死去。82歳。姓は斎藤。別号に七久里山人。
【格言など】月花も浮世のゆめも見をさめの歌をよみぢの友もなき魂(辞世)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

鄙振庵愛歌人の関連キーワード鹿都部真顔

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android