コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鄙振庵愛歌人 ひなぶりあん あかんど

1件 の用語解説(鄙振庵愛歌人の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鄙振庵愛歌人 ひなぶりあん-あかんど

1752-1833 江戸時代後期の狂歌師。
宝暦2年生まれ。信濃(しなの)(長野県)別所七久里(ななくり)の湯で温泉宿をいとなむ。江戸の鹿都部真顔(しかつべの-まがお)にまなび,地方判者にえらばれる。文化2年(1805)自宅をおとずれた真顔がよんだ狂歌をきざみ,別所に碑をたてた。天保(てんぽう)4年死去。82歳。姓は斎藤。別号に七久里山人。
【格言など】月花も浮世のゆめも見をさめの歌をよみぢの友もなき魂(辞世)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

鄙振庵愛歌人の関連キーワード千里亭藪虎萩花妻花廼屋光枝春道梅員日の下花満辺仁之无子神酒屋徳利緑西江悠々館湖遊四方山詠女

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone