コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鄭秉哲 てい へいてつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鄭秉哲 てい-へいてつ

1695-1760 琉球の官吏。
尚貞王27年4月15日生まれ。北京の国子監史学をまなぶ。講解師や尚敬王侍講をつとめ,1755年総理唐栄司となる。琉球王府編年史球陽」や「中山世譜」付巻などの編修をおこなった。尚穆(しょうぼく)王9年2月15日死去。66歳。久米村出身。通称は古波蔵親方(こはぐらうえーかた)。和名は伊佐川佑実。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

鄭秉哲

没年:尚穆9.2.15(1760.3.31)
生年:尚貞27.4.15(1695.5.27)
18世紀の琉球国の上級役人。久米村(対中国関係の専門集団,唐栄とも称した)出身者。琉球名では古波蔵親方とも称した。生涯に6回,清国へ留学生(官生)や進貢使節,漂流中国商人の送還などの目的で渡った。日本へは1度,尚敬39(1751)年に儀衛正(使節行列に際し,進行・路次楽を管轄する)として江戸上りを務めた。漢学に優れ,学校所の教師(講解師)や正史『球陽』(国初から尚敬王代ころまで),『中山世譜』などの編纂に携わった。久米村の要職である長史を同22年に,そして尚穆4(1755)年には総理唐栄司を務めた。それらの功績により三司官座敷の位を与えられた。

(豊見山和行)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

鄭秉哲 (ていへいてつ)

生年月日:1695年4月15日
江戸時代中期の琉球国の上級役人
1760年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

鄭秉哲の関連キーワード生年月日尚貞王官吏

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android