コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酒井忠恒(2) さかい ただつね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

酒井忠恒(2) さかい-ただつね

1811-1868 江戸時代後期の大名。
文化8年10月15日生まれ。酒井忠寧(ただよし)の次男。兄酒井忠良(ただかた)の養子となり,天保(てんぽう)2年上野(こうずけ)(群馬県)伊勢崎藩主酒井家7代。茶や俳諧(はいかい)に通じた。慶応4年6月14日死去。58歳。編著に「煎茶図式」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

酒井忠恒(2)の関連キーワード戊辰戦争クライスト藩学一覧光の科学史日本の医学史(年表)早竹虎吉(初代)明治東京(都)ブートレロフエルギン

今日のキーワード

シンデレラ体重

女性の理想的な体重の指標の一つで、BMIなどと同様、計算式にあてはめて割り出す。もともとは大手エステサロンが女性の理想的な体重として20年以上前に考案した指標で、当時の計算式は「身長(メートル)×身長...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android