コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酸症状のいろいろと対策(読み)さんしょうじょうのいろいろとたいさく

家庭医学館の解説

さんしょうじょうのいろいろとたいさく【酸症状のいろいろと対策】

 酸症状とは、胃液中の塩酸、すなわち胃酸(いさん)によって生じる症状です。胸やけや呑酸(どんさん)があり、広義には下痢(げり)も含みます。
 胸(むね)やけは、胃液の逆流により、食道粘膜(しょくどうねんまく)が胃酸によって刺激されて生じます。
 呑酸(どんさん)は、胃液が胃から口へこみあげることで、胸やけをともなうことが多くあります。
 これらの症状は、肥満や妊娠など腹圧の上昇した状態、食道裂孔(しょくどうれっこう)ヘルニアのように噴門(ふんもん)(胃の入り口)の機能が損なわれた場合、胃酸の過分泌(かぶんぴつ)をともなう十二指腸潰瘍(じゅうにしちょうかいよう)やゾリンジャー・エリソン症候群などでみられます。
●対策
①前記の疾患や器質的異常の有無を確認する。
②食道裂孔ヘルニアでは、夜間、上半身を上げて寝る。
③炭酸飲料、香辛料(こうしんりょう)、コーヒーなどをとりすぎない。
④定期的に空腹時に、また酸症状の出現したときに、牛乳を飲むことが有効です。
⑤酸症状が激しく続く場合、水酸化アルミニウムゲルや水酸化マグネシウムなどの制酸剤、プロトンポンプ阻害薬やH2受容体拮抗薬(じゅようたいきっこうやく)などの胃酸分泌抑制薬の服薬が必要となります。

出典 小学館家庭医学館について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android