コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

釈迦内鉱山 しゃかないこうざん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

釈迦内鉱山
しゃかないこうざん

秋田県北東部,大館市釈迦内にあった日本鉱業系の鉱山。秋田県北鹿(ほくろく)産銅地帯の一部として 1965年頃から開発が進められた。鉱床新第三紀石英粗面岩質凝灰岩類を母岩とする黒鉱(くろもの)鉱床。充填式上下向き階段掘りによる坑内採掘で,銅,鉛,亜鉛,硫化鉱,重晶石を産し,精鉱は日立,佐賀関その他の製錬所へ送って製錬していた。1987年3月に鉱量枯渇によって閉山した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

釈迦内鉱山
しゃかないこうざん

秋田県北部、大館(おおだて)市にあった鉱山。1962年(昭和37)日本鉱業が黒鉱を発見。金、銀、銅、鉛、亜鉛、硫化鉄を産し、1980年の月間粗鉱採掘量は約3万3000トン。日立(茨城県)、佐賀関(大分県)、三日市(みっかいち)(富山県)の製錬所に送られ、選鉱廃滓(はいさい)は能代(のしろ)市付近の海岸砂丘に運ばれた。1987年閉山。[宮崎禮次郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

釈迦内鉱山の関連キーワードゲルマン鉱大館(市)古遠部鉱黒鉱鉱床

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android