コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

重晶石 じゅうしょうせきbarite

翻訳|barite

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

重晶石
じゅうしょうせき
barite

BaSO4 。斜方晶系に属し,比重 4.48,硬度3~3.5。白色ないし無色,ときに帯黄,帯紅,帯青,帯緑色など。菱形板状の結晶,あるいはa軸またはb軸方向に伸長した柱状結晶として産することが多い。硫酸鉛鉱 PbSO4 とは同形同構造で,両者の間には完全固溶体が形成される。放射能を有する鉱物として有名な北投石は最大約 25mol%の硫酸鉛を含んだこの系の固溶体相である。重晶石は各種熱水鉱床の脈石鉱物として普遍的に産する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

じゅうしょう‐せき〔ヂユウシヤウ‐〕【重晶石】

硫酸バリウムからなる鉱物。無色ないし白色、灰・黄・緑・褐色などもある。ガラス光沢があり、透明もしくは半透明の板状柱状結晶斜方晶系比重が大きい(4.5)ことから命名バリウム原料白色顔料、紙・ゴムなどの増量剤として利用。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

重晶石【じゅうしょうせき】

バリウムの最も重要な鉱石鉱物。組成はBaSO4。透明〜半透明,白色または無色でガラス光沢をもつ。不純物による各種着色がある。もろく,硬度3〜3.5,比重4.5。
→関連項目北投石

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じゅうしょうせき【重晶石 barite】

Ba,Pb,Srのような2価の陽イオンをAで表すと,ASO4で示されるような化学組成をもち,かつ同一の結晶構造を有する諸鉱物を重晶石族と呼ぶ。重晶石,硫酸鉛鉱anglesite PbSO4天青石SrSO4がこれに属する。 重晶石は化学組成BaSO4の鉱物。斜方晶系。薄いまたは厚い板状の結晶,a軸またはb軸の方向に伸びた結晶として産する。また塊状,粒状,繊維状,鍾乳状,土状をなしても産する。へき開{001}に完全,{210}にやや完全。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

じゅうしょうせき【重晶石】

硫酸バリウムから成る鉱物。斜方晶系に属し、無色ないし白色で、ガラス光沢を呈する。金属鉱脈中または熱水鉱脈中に産出する。バリウムの原料。また、発色剤・増量剤などに利用。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

重晶石
じゅうしょうせき
baritebaryte

無水硫酸塩鉱物でもっとも普通のバリウムの鉱物の一つ。低温熱水鉱脈鉱床、黒鉱鉱床、温泉沈殿物、変成層状マンガン鉱床中に産するほか、堆積(たいせき)岩中にほとんど重晶石のみからなる岩石として産し、また砂漠地域ではしばしば「砂漠の薔薇(ばら)」と称する扁平(へんぺい)な結晶の花卉(かき)状集合体を形成する。自形は多く斜方板状で、色、大きい比重、低硬度、劈開(へきかい)などが特徴。日本では、北海道札幌市手稲(ていね)鉱山(閉山)、同小樽(おたる)市松倉鉱山(閉山)、秋田県鹿角(かづの)郡小坂(こさか)町小坂鉱山(閉山)などをはじめ、含鉛変種を産した秋田県玉川温泉などが産地として有名である。英名は「重い」を意味するギリシア語barysに由来する。[加藤 昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

重晶石の関連キーワードミシシッピ・バレー型鉱床重晶石(データノート)ドロマイト化作用重量コンクリートバリウム鉱物化学的堆積物炭酸バリウム塩化バリウム硫化バリウムロゼット組織ヨルダン鉱放射線遮蔽バロライト釈迦内鉱山自然テルルピアス鉱小坂鉱山ラービグ斑状光沢硫酸鉛鉱