重晶石(読み)じゅうしょうせき(英語表記)barite

翻訳|barite

日本大百科全書(ニッポニカ)「重晶石」の解説

重晶石
じゅうしょうせき
barite
baryte

無水硫酸塩鉱物でもっとも普通のバリウム鉱物の一つ。低温熱水鉱脈鉱床、黒鉱鉱床、温泉沈殿物、変成層状マンガン鉱床中に産するほか、堆積(たいせき)岩中にほとんど重晶石のみからなる岩石として産し、また砂漠地域ではしばしば「砂漠の薔薇(ばら)」と称する扁平(へんぺい)な結晶の花卉(かき)状集合体を形成する。自形は多く斜方板状で、色、大きい比重、低硬度、劈開(へきかい)などが特徴。日本では、北海道札幌市手稲(ていね)鉱山(閉山)、同小樽(おたる)市松倉鉱山(閉山)、秋田県鹿角(かづの)郡小坂(こさか)町小坂鉱山(閉山)などをはじめ、含鉛変種を産した秋田県玉川温泉などが産地として有名である。英名は「重い」を意味するギリシア語barysに由来する。

[加藤 昭 2017年5月19日]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「重晶石」の解説

重晶石
じゅうしょうせき
barite

BaSO4斜方晶系に属し,比重 4.48,硬度3~3.5。白色ないし無色,ときに帯,帯紅,帯青,帯緑色など。菱形板状の結晶,あるいはa軸またはb軸方向に伸長した柱状結晶として産することが多い。硫酸鉛鉱 PbSO4 とは同形同構造で,両者の間には完全固溶体が形成される。放射能を有する鉱物として有名な北投石は最大約 25mol%の硫酸鉛を含んだこの系の固溶体相である。重晶石は各種熱水鉱床の脈石鉱物として普遍的に産する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「重晶石」の解説

重晶石【じゅうしょうせき】

バリウムの最も重要な鉱石鉱物。組成はBaSO4透明半透明,白色または無色でガラス光沢をもつ。不純物による各種着色がある。もろく,硬度3〜3.5,比重4.5。斜方晶系。板状ときに柱状結晶を示す。中低温鉱床の脈石鉱物として塊状または粒状で産し,黒鉱の主要鉱物。温泉沈殿物として産することもある。紙の増量材,白色ペイントや塗料の原料などに利用。
→関連項目北投石

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉「重晶石」の解説

じゅうしょう‐せき〔ヂユウシヤウ‐〕【重晶石】

硫酸バリウムからなる鉱物。無色ないし白色、・黄・褐色などもある。ガラス光沢があり、透明もしくは半透明の板状・柱状の結晶。斜方晶系。比重が大きい(4.5)ことから命名バリウムの原料、白色顔料、紙・ゴムなどの増量剤として利用。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「重晶石」の解説

じゅうしょう‐せき ヂュウシャウ‥【重晶石】

〘名〙 バリウムの硫酸塩鉱物。化学式 BaSO4 斜方晶系の結晶。金属鉱脈中または熱水鉱脈中に産する。ガラス光沢があり、白・褐色などで透明または半透明。医療、顔料、塗料の原料などに用いる。〔鉱物字彙(1890)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「重晶石」の解説

じゅうしょうせき【重晶石 barite】

Ba,Pb,Srのような2価の陽イオンAで表すと,ASO4で示されるような化学組成をもち,かつ同一の結晶構造を有する諸鉱物を重晶石族と呼ぶ。重晶石,硫酸鉛鉱anglesite PbSO4天青石SrSO4がこれに属する。 重晶石は化学組成BaSO4の鉱物。斜方晶系。薄いまたは厚い板状の結晶,a軸またはb軸の方向に伸びた結晶として産する。また塊状,粒状,繊維状,鍾乳状,土状をなしても産する。へき開{001}に完全,{210}にやや完全。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android