釈門(読み)シャクモン

大辞林 第三版の解説

しゃくもん【釈門】

釈迦の一門。仏門。 「速やかに-の徒となりて/太平記 30

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しゃく‐もん【釈門】

〘名〙 釈迦の教えを奉ずる門流をいう。仏門。僧侶。仏家。釈家。桑門(そうもん)。沙門(しゃもん)
※続日本紀‐天平一六年(744)一〇月辛卯「是時釈門之秀者唯法師及神叡法師二人而已」
※栂尾明恵上人伝記(1232‐50頃)下「釈門(シャクモン)持戒の比丘は神明をも拝せず、国王大臣をも敬せず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android