コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

釈家 シャッケ

デジタル大辞泉の解説

しゃっ‐け〔シヤク‐〕【釈家】

仏道を修行する者。僧侶。仏家。
経論文義注釈する

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゃっけ【釈家】

仏教の教団。また、仏道を修行する人。
経や論の注釈を書いた僧。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

釈家の関連キーワードアレクサンドロス(古代ギリシアの哲学者)バーチャスパティミシュラアッパヤ・ディークシタビジニャーナ・ビクシュ峯相記(ほうそうき)クリュソストモステミスティオスベアトリーチェスユーティーマイモニデスセルウィウス小田部 通麿ダンマパーラ尊円入道親王類聚神祇本源カエタヌスプロクロス質料形相論第三の人間ピンダロス

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android