コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

里村欣三 さとむら きんぞう

2件 の用語解説(里村欣三の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

里村欣三 さとむら-きんぞう

1902-1945 大正-昭和時代前期の小説家。
明治35年3月13日生まれ。徴兵を忌避して満州(中国東北部)を放浪。大正13年「文芸戦線」にくわわり,ルポルタージュ「富川町から」,満州の体験にもとづく「苦力頭(クーリーがしら)の表情」を発表。太平洋戦争中陸軍報道班員として従軍し,昭和20年2月23日戦死。44歳。岡山県出身。関西中学中退。本名は前川二享(にきょう)。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

里村欣三
さとむらきんぞう
(1902―1945)

小説家。岡山県に生まれる。本名前川二享。岡山市の関西中学中退後、職工、人夫などの職業を遍歴。のち入営するが水死を装い脱営、里村欣三の名で満州(中国東北)を放浪。上京後『文芸戦線』に小品やルポルタージュを発表。満州放浪体験に基づく小説『苦力(クーリー)頭の表情』(1926)は代表作となり『文芸戦線』派の中堅作家として活躍。日中戦争後は一特務兵として2年にわたり中国各地を転戦、『第二の人生』正続(1940)などを刊行した。昭和20年戦線にて死去。[大塚 博]
『『日本現代文学全集69 プロレタリア文学集 里村欣三他』(1969・講談社) ▽平林たい子著『自伝的交友録 実感的作家論』(1960・文芸春秋新社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

里村欣三の関連キーワード原子爆弾投下ロシア映画ドイツ問題正岡子規熱雲水泳朝鮮映画バトラーレルヒ国語審議会

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone