重兼 芳子(読み)シゲカネ ヨシコ

20世紀日本人名事典「重兼 芳子」の解説

重兼 芳子
シゲカネ ヨシコ

昭和・平成期の小説家 ホームナーシング支援互助会世話人。



生年
昭和2(1927)年3月7日

没年
平成5(1993)年8月22日

出生地
北海道空知郡上砂川町

学歴〔年〕
西田川高女卒

主な受賞名〔年〕
芥川賞(第81回)〔昭和54年〕「やまあいの煙

経歴
家庭に入り、主婦業のかたわら、読書、講演会にいそしむ。アサヒ・カルチャーセンターの聴講生となり、同人誌「まくた」に小説を執筆。同誌9号掲載の「髪」が第80回芥川賞候補作となり、昭和54年「やまあいの煙」で第81回芥川賞を受賞。50歳にして才能が開花した晩成の作家で、人間存在の究極的問いを寓意的に描く。また、炭鉱町で育った頃の事故や特攻隊員だった兄の自殺、娘の死などの経験から、生と死の問題、老人問題・ターミナルケアにも関心が深かった。主な著作に「うすい貝殻」「ジュラルミン色の空」「透けた耳朶」「平安なる命の日々」、ルポルタージュ「たたかう老人たち」「闇をてらす足おと―岩下壮一と神山復生病院物語」「見えすぎる眼」「雛の肌」「いのちと生きる」、エッセイ集「女房の揺り椅子」「女の老い支度」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典「重兼 芳子」の解説

重兼 芳子 (しげかね よしこ)

生年月日:1927年3月7日
昭和時代;平成時代の小説家
1993年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

上半期

会計年度などで、1年を2期に分けた前半の6か月。上期かみき。⇔下半期しもはんき。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android